中古車情報を検索するならカーセンサーラボ
 
中古車検索
新車時価格はメーカー発表当時の価格です
カーセンサーラボ >  クルマカタログ >  メルセデスAMG >  GT
GT「メルセデスAMG」のカタログ情報!

このクルマの概要

他の車種と比較する→
生産期間
2019年10月~生産中モデル
ボディタイプ
クーペ
新車時価格
1675万円~2426万円
JC08モード燃費
10・15モード燃費
排気量
3982cc
最高出力
476ps~585ps
駆動方式
FR
スケール
4544mm×1939mm×1287mm/他
乗車定員
2名


GTのグレード

グレード一覧→
比較 グレード名称 生産期間 価格 駆動方式 ミッション
比較 もっと続きを見る
4.0 2019年10月~  1675万円(税込) FR コラム7AT
4.0 2019年10月~  1675万円(税込) FR コラム7AT
S 2019年10月~  2030万円(税込) FR コラム7AT
S 2019年10月~  2030万円(税込) FR コラム7AT
C 2019年10月~  2243万円(税込) FR コラム7AT

GTの他のモデル

2019/10~生産中モデル フルモデルチェンジ一部改良 消費税の変更により価格を修正  
2019/02~2019/09 フルモデルチェンジマイナーチェンジ 装備が充実した  
2019/01~2019/01 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2018/01~2018/12 フルモデルチェンジ一部改良 車両価格を改定  
2017/10~2017/12 フルモデルチェンジ一部改良 パナメリカーナグリルを新採用  
2016/05~2017/09 フルモデルチェンジ一部改良 装備が充実した  
2015/05~2016/04 フルモデルチェンジ新車リリース メルセデスAMG社によるスーパースポーツ第2弾 モデル一覧→
 

クルマニュース

【試乗】ベントレー ベンテイガ|疲れずにどんどん運転したくなるのはまるで魔法! 時間の概念を変える本物のGTモデル

▲マイナーチェンジ前のベンテイガV8に試乗する機会を得た。自動車テクノロジーライター・松本英雄がその様子をレポートするマイナーチェンジ前のベンテイガでロングドライブすでにエンスージアストならばご存じだろうが、ベントレーのSUV“ベンテイガ”が7月にマイナーチェンジされた。 しかし今回試乗するベンテイガは、ベントレーが100周年を迎えた最終の2019年モデルで、マイナーチェンジ前のベンテイガV8である。 実車を前にして、まず目に入ったのがダムソンというボディカラーだ。インテリアにも同色を使い、品の良さを引き立たせている。 ダムソンとは食用の果実で、英国では防風林を兼ねた生垣にも利用されている。深い紫のえんじ色を限りなく黒に近づけたような深い色だ。 搭載されるエンジンは、ベントレー伝統のV型8気筒ユニット。数々のモデルに使用してきた事実がある故に、V8エンジン搭載車が気になるのは当然と言えよう。 ラグジュアリーなGT(グランドツーリング)モデルなので、長距離の試乗を行いその感触を確かめてみることにした。 片道500km程度の道のりであるが、途中山間部の国道も走るのでステアリング  ・・・続きはこちら
(20-08-18)

 

以下のクルマは如何ですか?

他のメーカーから再検索

他の車種を再検索

ボディタイプから
価格帯から
燃費から(※10・15モード燃費)
カタログTOPから再検索